2006年03月04日

超感動〜

本、読み終わりました。

君の名残を」。浅倉卓弥 著。

浅倉卓弥さんは、映画にもなった「四日間の奇蹟」の作者です。四日間の奇蹟は、すごくよかったって話を前に書いたような書かないような。(面倒なので確かめない)

君の名残をは、厚めの文庫で上下巻。読み応えがあります。
内容としては、平家物語をベースに、タイムスリップと、恋愛系のセンチメンタリズム。
こう書くとすごいけど、実際すごいんですよぅ!!!

日本史がわからない私には、歴史的な流れについていけない部分はある。確かにあるけど、それでも感情移入できる。電車の中で読んで泣いたよ・・・。
主人公のともえの強さ、愛情のあり方は、絶対絶対まねできない。自分に置き換えてなんか読めない。それでもこんなに入り込めるのは何でだろう〜?

解説には、「センチメンタルな感慨を超えた・・・」と書いてあるのですが、あたし的には、こんなにもセンチメンタルな感慨を突き詰めたら、それだけですごい!って気がします。

ラストが気になって気になって、どんどん読み進めたい、いっそのこと最後のページを開いてしまいたいという衝動に駆られつつ、1週間くらいかけて読みました。1週間、読んでないときもついつい考えてしまうし、悲しいシーンの後は歩きながら悲しくなって泣きそうになるくらいのめりこみましたよ・・・。まだまだこの感情引きずりそう。

日本史好きな人ならもっと面白いと思う。もう、ぜひ読んでいただきたい!!!
posted by ちぇみぃ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

白夜行

そういえば読み終わってた本。白夜行です。

ドラマの原作ですね。文庫だけどすっごい分厚くて読み応え合ったよ〜。

結果。おもしろかった!!!

きちんと語ってくれないのです。行間を読まなきゃならないところが多い。恐らく事実はこうなのだろう、と思って読み進める。後半で謎解きになったりするのかな〜と思ってたけど、それもなし。ドラマ見てから読めば、簡単だけどね。

普段本を読まない人には難しいかも、と思うけど、すごくよくできた作りで、読み終わったあとうわぁーって思いました。この作家さん、すごい。
posted by ちぇみぃ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

よみおわったー

石田衣良さんの、4TEEN。

よいですよー。

男子中学生ってこんななのかなーっていうのは、あたしにはさっぱり分からないので想像でしかないのですが、おきれいじゃなくて、リアルで、ぜんぜん違うのに共感できて、いいなぁ、と思うのです。恋とか、友情とか、将来への不安とか、えっちなこととか、ちょっと悪いこととか。

・・・萌えます。


どうでもいいけど、通勤の電車の中で本読んでて、行きに読み終わってしまうと帰りは暇で困るね。
posted by ちぇみぃ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

かねがない。

なーんか今月苦しいんですけど・・・なんでだー?
社会人になってもそんなに贅沢はしてないと思うんだけど、本だけはいっぱい買ってるかなぁと思うのです。だって通勤で毎日片道30分電車に乗るんだもん。しかも座れるしね!!

というわけで、この4月以降に買ったと思われる本を挙げてみよう。
・池袋ウエストゲートパーク
・少年係数機 池袋ウエストゲートパークU
・骨音 池袋ウエストゲートパークV
・電子の星 池袋ウエストゲートパークW
・LAST
・スローグッドバイ
・エンジェル
・娼年
(ここまで石田衣良)
・紙婚式
・ファースト・プライオリティー
・きっと君は泣く
(ここまで山本文緒)
・泳ぐのに、安全でも適切でもありません
・薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木
(ここまで江國香織) 
・下妻物語
・エミリー
(ここまで嶽本のばら)
・龍は眠る
(宮部みゆき)
・NHKにようこそ
(滝本竜彦)

・・・こんなもんか?おもしろくなくて、既に売っちゃったのもあります。最近のお気に入りは見てお分かりの通り石田衣良さんです。IWGPシリーズは今更だけどよいですよ〜。おもしろい!!
安くて品揃えの多い古本屋さんがほしいなぁ。近所の古本屋にはろくなのがなかったよ・・・あの店、アダルトコーナーに力入れすぎ。
posted by ちぇみぃ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

すごい重い本でした。

重量がではないですよ?
「きっと君は泣く」山本文緒著・角川文庫。

読み終わった後にめちゃめちゃへこんでしまって、しばらく放心してました。
でも誰でもそうなるわけではないと思います。私が生き方とか考え方にやましいところがあるからなのです。ごめんなさいって気持ちになります。できることならここで懺悔してしまいたいけど、重くなりすぎるので不特定公開はやめときます。

まぁでも、山本文緒さんが描く登場人物って、誰もが持ってる人間の一部分をリアルに描いてるのでどきっとしたりするのです。特に女性の。もしかしたらこれって私のことかも、と思わされる。だから妙に胸がきゅんとしたり、胸が苦しくなったりする。
大好きな作家さんです。


とりあえず生き方改めます。真面目に生きます。もうオトナだし。
posted by ちぇみぃ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。