2005年07月12日

反撃。

 例のむかつく上司。ついに言い返しちゃった〜。

 だって、朝から「昼休みが終わったらみんなの茶わんを回収して洗え」とかくだらないこと言うんだもん。ポットの横に下げてあるのは気が付いたら洗うけどさー、下げてないのはまだ飲みかけかもしれないじゃん。なんで全員が自分と同じペースでお茶を飲むとまで思い込めるかね?

 まぁここまでは笑って過ごしたんだけどさ。「このくらいのことはどこの課の女の子もやってるんだから」って言い出しやがった。「女の子」とか言いますか。更に続くボケ上司の言葉。
「そのくらいできるようになっておかないとよそに行ったときに笑われるから、うちは女の子が他にいないからしょうがなく俺が教えてやってるんだぞ?」

・・・はぁ?

 別にお茶を入れるのがいやだとは言ってないのよ。でもそこまで「やって当たり前」的態度をとられるとねぇ。あたしはあんたの妻でもお母さんでもないのよ、と言いたくなるわ。

 さすがに不満の表情のあたしに「まぁ違うと思うならそれでもいいけど」とか言うので、
 「それが女の子の仕事だって考えが違うと思います。1番下っ端だからやるなら分かりますけど。」
って言っちゃいました。(あーあ、言っちゃったよー)と思ってたら、
「あぁ、そういう考えならいいよ」とちょっとキレ気味で去っていきましたよ。

いや、でもね、そういう点でね、部下と面と向かって議論もできないなら始めっから黙ってろよボケが!!!


と言う感じの不機嫌な一日でした。
ほんと本気で、馬鹿じゃないかと思う。


すいません、愚痴ばっかりで。
posted by ちぇみぃ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。